フランス情報、パリを中心とした情報メディア「パリエトワ」 フランスと日本をつなぎます

9月25日 1€=132.30円晴れ17℃ / 7℃

登録のお問合わせ

France Today今日のフランス

2018.06.13

パリのビストロ、ユネスコ無形文化遺産登録を目指す

「パリのビストロ」のユネスコ無形文化遺産登録を目指す動きがある。ビストロはカフェと同義で、酒類や軽食等を提供する飲食店を指す。ファーストフードなどに押される形で、伝統的なビストロは数が減っており、パリ市内では2014年の1300店に対して現在では1000店弱、全国でも3万5000店弱に減っている。登録に向けた運動は、市内でワインバーの「メスチュレ」を経営するアラン・フォンテーヌ氏が中心となり設立した団体が主導、団体にはパリ・イルドフランス商工会議所などが加盟している。団体側では、ビストロは知識人や芸術家などが多く集った文化創造の場であり、社会の様々な層の人々が出会う開かれた場所でもあるとして、今後もパリの中でビストロが存続できるよう、無形文化遺産の登録を目指すと説明している。登録申請を行うにはフランス政府からの承認を得るのが前提となり、登録の実現は早くても2019年末以降となる。

KSM