フランス情報、パリを中心とした情報メディア「パリエトワ」 フランスと日本をつなぎます

8月24日 1€=118.04円晴れ18℃ / 11℃

登録のお問合わせ

France Today今日のフランス

2019.07.19

英国、「合意なき離脱」でリセッション入か

英国では7月23日に与党・保守党の新党首が党員の選挙で選出され、24日には新党首が新首相に就任する運びとなるが、YouGovの調査によると党員の74%がジョンソン前外相を支持しており、対立候補のハント外相はジョンソン次期内閣に入閣する用意があることを示唆するなど、すでに敗北後の身の振り方を準備し始めている模様。
欧州連合(EU)からの離脱問題について、ジョンソン前外相は10月31日の期限が来たらEUとの合意の有無にかかわらず離脱を実現すると公約しており、ハント外相のほうもメイ首相がEUと取り決めた離脱合意には反対を表明しているため、「合意なき離脱」の可能性は強まった。
こうした情勢で英下院は7月18日、次期首相が「合意なき離脱」に踏み切るために議会を停止させることを禁じる決議を採択した。下院はメイ首相が提案した離脱合意を繰り返し否決した一方で、「合意なき離脱」には従来から反対しており、ジョンソン次期首相が議会を停止させて「合意なき離脱」を強行しようと試みる可能性を予期して、これを牽制しようとした模様。
また英予算責任局(OBR)は18日、「合意なき離脱」の場合、英国の経済は2019年第4四半期(10-12月)から1年間にわたりリセッションに陥り、2020年末までにGDPが2%縮小すると予測した。

KSM