フランス情報、パリを中心とした情報メディア「パリエトワ」 フランスと日本をつなぎます

9月21日 1€=118.69円晴れ24℃ / 20℃

登録のお問合わせ

France Today今日のフランス

2019.09.10

リヨン・サンテグジュペリ空港、利用客1000万-2500万人部門で欧州最優秀空港賞を受賞

国際空港評議会(ACI)恒例の欧州空港の評価(45カ国、500空港が対象)で、リヨン・サンテグジュペリ空港が年間利用客1000万-2500万人部門で欧州最優秀空港賞に選ばれた。9月9日に表彰式が行われた。年利用客が500万人未満の部門ではコーク空港(アイルランド)、500万-1000万人の部門ではビルバオ空港(スペイン)、2500万人以上の部門ではローマ・フィウミチーノ空港(イタリア)がそれぞれ最優秀空港賞を受賞した。
リヨン空港は、仏バンシ・グループ(建設・コンセッション)の空港管理会社バンシ・エアポートが2016年から運営している。バンシによると、同社が運営を開始して以来路線が90から130まで増加、年旅客数の増加幅もそれまでの2-3%から8%に引き上げることに成功した。バンシは同空港駐車場で、仏スタートアップのStanley Roboticsが開発した自動駐車装置Stanを試験的に運用している(https://www.youtube.com/watch?time_continue=70&v=ZYVXGYHw8Eg)。自動駐車装置は同一駐車スペースにおける駐車台数を増やし、駐車までにかかる時間の短縮化を可能にする。リヨン空港では、この装置は現時点で駐車500台分に対応しており、これを1年以内に2000台分、最終的に6500台分への対応を目指す。バンシが運営することになったロンドン・ガトウィック空港にもこの自動駐車装置が導入される。また顔認証システムを活用した、搭乗までの手続きを迅速化させるシステムの導入も今年末から開始する。

KSM