フランス情報、パリを中心とした情報メディア「パリエトワ」 フランスと日本をつなぎます

6月5日 1€=124.21円くもり17℃ / 14℃

登録のお問合わせ

France Today今日のフランス

2020.03.16

新型肺炎の感染拡大により、公共輸送機関も運行本数の削減へ

ボルヌ仏運輸相は3月15日、新型肺炎の感染拡大をくい止めるために、人の移動を制限するとして、長距離の交通部門(列車、バス、旅客機)で運行制限を行うと発表した。仏国鉄SNCFでは高速鉄道の運行を16日に7割とし、17日からは高速鉄道及びアンテルシテ(在来特急)で5割まで減らす。航空旅客輸送では、空港は閉鎖されないが、オルリー空港とロワシーCDG空港では一部の施設及びターミナルを閉鎖して、縮小した区域で事業を継続する。これは、旅客の減少と従業員を有効的に配置するためとされている。
一方、短距離の交通部門では、TER(ローカル線)とトランシリアン(パリ首都圏の鉄道旅客サービス)も17日から運行を半減する。パリ交通公団(RATP)では、16日には地下鉄は8割運行、トラムとRER A、B線は平常運行と発表。仏国鉄とRATPでは、学校の臨時休校に関連して、子供を家庭内で世話をする必要から出勤できない従業員数を把握するためにに、出勤予定に関する調査を行なっている。

KSM