フランス情報、パリを中心とした情報メディア「パリエトワ」 フランスと日本をつなぎます

5月25日 1€=127.94円晴れ27℃ / 14℃

登録のお問合わせ

France Today今日のフランス

2018.02.13

グランパレ、改修のため2020年12月から閉鎖へ

ニセン文化相は12日、グランパレの改修計画を発表した。2020年12月に閉鎖して工事を開始、大ホールとナショナル・ギャラリー(美術特別展会場)は2023年春に、「発見の殿堂」は2024年6月にリニューアルオープンする。予算は4億6600万ユーロを予定する。
グランパレは1900年の万博の会場として建設された。金属製のアーチでガラスの天井を支えるアールデコ風の建築を採用、当時の様式をよく体現した代表的な建物だが、地盤の悪いセーヌ河畔の土地に大規模な建物を建てたこともあって建物は脆弱性を抱えており、1993年以来、数度に渡る改修の対象となってきた。2024年のパリ五輪においては、大ホールがフェンシングの会場として用いられることになっており、改修は待ったなしの課題となっていた。今回の改修では、建物の強化に加えて、見本市やイベントの会場としてしか訪れる機会がない大ホールを歴史的建造物として見学できるようにすることを目的に、建物を南北に貫く通路を整備し、無料で公開の展示室を設けたり、ナショナル・ギャラリーの入館待ちの屋内スペースとするなどの改善が図られる。

KSM