フランス情報、パリを中心とした情報メディア「パリエトワ」 フランスと日本をつなぎます

6月5日 1€=124.21円くもり17℃ / 14℃

登録のお問合わせ

Paris Yoga Circle

パリヨガサークル

Yoga columnヨガコラム

2020.05.04

特別篇3 自己練習 

ナマスカーラ!

この2か月の間に、以前とは生活様式が変わった方も多いことでしょう。それ以前の生活が普通だったのか、今の生活が普通なのか戸惑うこともありますが、新しく見つけた良いことを今後も取り入れていけるといいですね。

ヨガを始めた方もきっといらっしゃるでしょう。特別篇最後のテーマは自己練習、今後どのようにヨガを習慣化していくか、です。

自己練習に関する、グルジ(B.K.S.Iyengar)のコメント(ASTADALA YOGAMALA の抜粋)を見ていただくことで、インスピレーションを持っていただけるでしょう(BKS Iyengar “ ASTADALA YOGAMALA ’’, New Delhi, Allied Publishers Pvt. Limited, 2012, 日訳は補足)。



Duration of practice (p334) 練習時間 
Duration of time for practice depends upon one's dedication and devotion to the art. First begin and let things take their own time. Practice for physical health is one thing and practice to learn the art with an open mind to receive what comes on its own and how far it takes is quite another. For the latter, one needs lifelong attentive practice. For such a practitioner, the question of time does not arise. As one gets excited with the feel of stimulation and exhilaration, he may be tempted to practice longer. Though this healthy temptation is good, a judicious dialogue between body, mind and intellect is essential in practice. 
練習の所要時間はその人が(ヨガの)芸術にどれほど自分を捧げ、忠義を尽くしているかで決まる。まずは始めてみて、状況に任せてみなさい。身体の健康のために練習する場合もあれば、心を開き(ヨガの)芸術の教えに限りなく身を任せる練習もある。後者の場合は、生涯注意深く練習を続けなさい。そのようなプラクティショナー(修練者)にとって、時間など問題ではない。励みや悦びが湧き、もっと長い時間練習したいと思うことだろう。健康でいたいという意欲で行うのもいいが、身体、精神と知性がそれぞれ賢く対話し合うことが(ヨガの)練習には不可欠だ。

One cannot expect to become a stage artist just by holding a violin and scratching the bow on the violin. The same applies to yoga, as yoga being an art and philosophy. First one has to begin to learn. He has to bear in mind the hardships the body and mind has to undergo in co-ordinating them with each other in practice for learning. As art is a never-ending thing, time cannot be pre-determined. Only continued practice brings maturity and perfection.
バイオリンを手に持ち、それに使う弦を動かすだけで演奏者として舞台に立つことを期待してはならない。ヨガも同様で、ヨガは芸術であり、哲学である。学ぶところから始めねばならない。学ぶための練習では、身体と精神は苦難を経て初めてお互いに調和することができることを心に留めておきなさい。(ヨガの)芸術は終わることはなく、時間ありきとはなりえない。不断の練習によってのみ、(ヨガという芸術は)成熟し、完璧なものになるのだ。

On casual practice (p335) カジュアルな練習
Casual practice brings casual benefits and profound practice brings profound results. The beauty of yogic practice is that it does not leave any bad effects even if one practises inconsistently. Only one may feel the loss of sharpness in intelligence. 
カジュアルな練習をすればベネフィットは薄く、奥の深い練習をすれば、成果は厚い。ヨガ練習の美しさは一貫することなく練習したとしても負の影響は何もないことだ。知性が鈍ることくらいはあるかもしれないが。

Even if one practises once or twice a week, its effects remain for two or three days. As one struggles hard to earn money, struggle in yoga is also needed to earn spiritual wealth. This spiritual wealth is the real essence of yoga. If one likes to experience that, then one has to do the practise daily keeping oneself in a religious state of mind. 
If the mirror is not cleansed, it gathers dust and hence does not reflect the object clearly. It is the same with practice. If one does not maintain the body clean, it sullies the self and its reflection on one will be lost.
週に一、二回の練習だとしても二、三日の間は効果がある。がむしゃらになってお金を稼ぐことはあるだろうが、がむしゃらになってヨガをすることも精神の豊かさを手にするために必要だ。この精神の豊かさこそがヨガの真なるエッセンスなのだ。それを経験したいなら、信心深い気持ちで毎日自己練習をしなければならない。
磨かれていない鏡には埃がつくため、対象物がはっきり見えない。練習も同じだ。身体を清潔に保たないとしたら、自己は汚れ、(汚れた身体の分身であるところの)自分自身を見失う。

Essentiality of regular practice (p344) 定期的な練習の必要性
As food is essential for survival, movements through yoga are essential. Practice of yoga is to acquire calmness in a troubled mind. I never had the privilege of practising yoga with all comforts around me. Even today, I have no fixed ideas for practice. Each day body chemicals change. The moment I know that I can't do what I wanted, I train my body and mind to be ready within a few minutes. The moment the body and mind gets fresh, I proceed with my intense Sādhana. One has to learn to watch when the mind and intelligence are ready to cooperate with the body to pursue the Sādhana. ... 
生存に食物が必要なように、ヨガには動きが不可欠だ。ヨガを練習すれば、乱れた心は静寂を得る。私は快適な環境に囲まれてヨガを練習する特権があったことはない。今ですら、練習についての考えは固定していないのだ。身体の形成は日々変化する。したいと思ったことができないことがわかるやいなや、自分の身体と心を数分で整える。その結果心身が新鮮になり、激しい修行に入るのだ。そして修行を続けるためには、心と知性が身体と協働する準備ができるタイミングを見極めることを学ばねば、修行を追い求めることはできないのだ。

Sometimes, legs may ache, and the mind might say, ''Miss yoga''! But an intelligent mind has to find out why they are paining and work out how to remove that pain. One finds means to escape, but to persist and pursue needs a strong mind. Practice is like using a pin to remove a splinter in the hand. In the same way, one has to learn to use the intelligence to practice to remove the so-called pains and reform the practices so that these prickes do not occur at all. Use your intelligence to find the sense of soothness and calmness and then extend and expand that soothe and calm feeling to all the other parts of the body in the Sādhana. Take advantage of such good changes and feelings with caution. This is how one has to practice maintaining regularity. Yoga philosophy is to rest the body through action and not to allow it to rust by inaction. 
足が痛くなって、『ヨガはやめておこう!』という気持ちになる日もあるだろう。しかし知性を持った頭脳であれば、その痛みは何故生じ、どうやったら取り除けるか努力するに違いない。逃げる手段を見つけることはできるが、堅持、追求するためには強い精神が必要なのだ。練習とは手に刺さった棘をピンセットを使い取り除くようなことだ。すなわり、知性を使い、いわゆる痛みを取り除く訓練を行い、このトゲのようなものが二度と起こらないように鍛錬を作り上げていかねばならない。知性を使って(痛みを感じる部分に)和らぎや安らぎの感覚を見つけ、その和らぎ、かつ安らかな感じを修行を通じ、身体のそれ以外の場所に伸ばし、広げていきなさい。そのような良い変化や感覚を注意して利用しなさい。だから、練習を規則正しく保たねばならないのだ。ヨガの哲学が(正しい)アクションで身体を養生し、(間違った)アクションで身体を朽ちさせない。

It is not good to drop routine practice but find alternative methods so that one maintains Sādhana without a break.
If a medical treatment fails, doctors introduce an alternative treatment. In the same way, keep in mind how to substitute the main āsana by an alternative āsana, and when you can perform with ease, then you can go back to your practice, Practise uninterruptedly using your discretion, so that you punctuate your mind deep inside the body to experience its immeasurable depth in each āsana.
規則正しい練習を見切るのは良いことではないが、代替案を見つければ、休みなく修行を続けることができる。ある治療が効かなければ、医者は他の治療を勧める。同様に、主要なアーサナをどうやったら他のアーサナに代替できるか、またどんな時に落ち着いて(アーサナを)遂行できるか、それに立ち返って練習しなさい。常に裁量を持ち絶え間なく練習すれば、思いを体の中に深く染み込ませ、各アーサナで計り知れない深奥を味わうことができる。

Feel of mind in practice (p.351) 練習における思考
The mind changes from one place to another place of the mind of the body, while practicing āsana.  One has to train the mind to become aware and get involved with the feel of action and adjustments that take place when doing the āsana.
Practice the āsana repeatedly to watch the unattended dark holes exist in the body and find out how to reach these remote areas and think how to work to illuminate those dark spots. If one feels the mind in certain āsana, it means that he notices that part of the body well in those asanas. He has to learn to recharge his battery of that intellectual torch to pierce those non-perceivable and un-noticeable and un-conceivable areas of the body and while performing āsana has to make himself to reach those intangible areas.
アーサナを練習する間、思考は心身の中をあっちへ行ったりこっちへ来たりする。アーサナをする時、思考がアクションとアジャストにより生じる感覚を意識してそれに従事することができる精神を鍛練せねばならない。身体に存在する目が届かないダークスポットに注意し、これら手が届きにくいエリアにどう到達し、これらダークスポットをどうやって明らかにするかを考えてアーサナを練習しなさい。身体で認識できず、気づきにくい、考えにくい部位に辿りつく知性の松明を充電することを学び、アーサナを行う際にはそれらの目に見えない部位を訪れることが必要なのだ。

As a doctor performs endoscopy with instruments to find out the deffective area in the inner body, the practitioner has to use his intelligence to perform that endoscopy if he's not feeling anything within it, it means that his intellect is insensitive. As one uses a torch if the room is dark, he has to use a coach of intelligence to beam on the mind to attend, perceive and conceived to reach those insensitive parts.
If the house draining system is blocked, we try within our means to clean it and if it doesn't clear, we call a plumber who can clear the drainage system in the same way, wrong imprints may be accumulating in the body, which block the flow of the Intelligence. Let us use our energy with intellectual force and flush those parts so that they are washed out and pave the way for the mind to feel those neglected areas in the body that remain non-perceivable, Otherwise, you have to contact a senior teacher for this guidance.
医者が内視鏡を医療機器として用いることで体内の欠陥がある部位を見つけるように、修練者は知性を使って内視鏡を施していかねばならぬのだ。もしそれでも何も感じないとしたら、彼の知性は鈍感だ。部屋が暗いとき、懐中電灯を使うのと同様、知性の導きは、頭脳に光を当て、それら感覚が鈍った部位に注意、認知、認識させねばならない。家の排水が塞がった際、それをなんとか掃除し、それによっても直らなければ、水道屋さんを呼んで排水をきれいにしてもらうのと同じで、間違った記憶が身体には蓄積している場合があり、それは知性の流れを止めてしまう。知性の力で自らのエネルギーを用い、それらの部位に流し、それが洗われ、身体の中で、認知できないものとして忘れ去られたそれらのエリアを感じることができるよう、頭の通り道を作ってあげよう。

At the beginning of practice, the body is just like a mass. The chances of perceiving the effects of action in asana take time.  First one has to start breaking the mass into molecules and molecules into atoms before experiencing these effect.
Choose parts of the body like legs, knees, arms or elbows in an asana and pay attention to feel where does stretch and attention is. Perceive those parts well and then move the mind and intelligence close to the perceivable parts. This way, ignite your sensitivity slowly part to part so that they're able to reach the inner and the Innermost subtle body. 
練習を始めた頃、身体は大きな塊のようなものだ。アーサナの効果を知覚できるまでには時間がかかる。これらの成果を体験するには、まずその塊を分子に砕くところからはじめ、その後分子を原子に砕くことをせねばならない。
アーサナでは脚、膝、手、肘といった身体の部位を選び、どこがストレッチし、意識の対象なのかに注意せよ。それらの部位をきちんと認識したら、頭脳と知性をそれら認識された部位に近づけていくのだ。このようにして、自分の感性をゆっくりとパーツパーツに当てていくと、粗大身と微細身へ辿り着くのだ。

Can one practice alone? (p353) 一人で練習できる?
No doubt. It is possible, but really hard and difficult to practice alone. To achieve control over the Āsana, and for pranayama, it demands a special quality of intellectual attention and awareness in order to grab them soon. It is better to go to classes where teachers explain and bring attention on what to learn and how to attend to each Āsana.
間違いなく、できる。しかし一人で練習するのはとてもきつく、難しい。アーサナを制し、プラナヤーマができるようになるためには、特別な質の知的注意とそれらを手早く身につける意識が求められる。何を学び、どうやってアーサナを行うのか説明してくれ、気づかせてくれるクラスに行く方が良いだろう。

As parents, we like to send our children to good, and reputable schools, so that they are knowledge in the shortest time. Without going to school children may learn and acquire knowledge, but it may take a long time to reach the goal, as he alone has to work with pros and cons, to arrive at the correct solution. As I had no peers to share, or a guru to guide me. It took me years to learn, whereas my students pick up fast as the right guidance's are available. Practice alone is not only time consuming but often depressing, and melancholic. Hence, it is better to learn from an experienced teacher. As you find hard to find a good teacher, I say Light on yoga or Light on pranayama are better books to than many good teachers. 
親は自分の子供にできるだけ早く知識を身につけられるように、良い学校、評判が高い学校へ入れたいと思う。学校に行かなくとも、子供は知識を学び、身につけることもできるのだが、正しい解決にたどり着くまで、その長短を自分一人で学ばねばならないため、目的達成に長い時間がかかる。私の場合、共有する仲間もなければ、自分を導いてくれるグル(導師)もなかった。そのため私は学ぶのに何十年も時間がかかった。それに対し、自分の生徒は正確なガイダンスが手に入り、素早く学ぶことができる。一人で練習することは時間を浪費するだけではなく、ややもすると憂鬱でメランコリーに思うこともあるだろう。だから、経験のある講師から学ぶ方が良い。もしも良い先生を見つけることが難しければ、『ハタヨガの真髄(沖正弘訳、原本Light on Yoga)』や『ヨガ呼吸 冥想百科(沖正弘訳、原文Light on pranayama)』が多くの良い先生以上に役立つだろう。

The advantage of doing these others in the class is that it enables one to share with classmates to study by comparison. This adds to one's knowledge. Hence, attend classes once or twice a week. If available and continue sadhana at home, to gauge your capacities, as well as your errors, and defects.
他の人とクラスをする長所はクラスメートと共有することで、比較しながら学べることだ。それにより知識が増える。なので、一週間に一、二回はクラスに出席しなさい。もしも自宅で修行をすることができるなら、それを続け、自分の間違い、欠陥を含め、自分の力を計っていきなさい。

Is daily practice essential (p.354) 練習は毎日必要か?
Yoga is a lifelong educative and instinctive subject as it guides one to live in contentment and satisfaction in spite of discontentment and dissatisfaction in our lives, due to economic and social situations. Its practice is an everyday affair, like taking food, and its aim is to retify one's life and to remain in peace within oneself, as well as with family, society, and community.
ヨガとは生涯できる教育的、本能的なテーマである。なぜなら、我々が経済的社会的な状況のために、生活に不幸、不満があったとしても、ヨガを通じて幸せ、満足して生きていけるように導いてくれるからだ。食べ物を摂取するように、また自分の人生を正し、自分自身と家族、社会や共同体が平和でいられることを目的として行うなら、ヨガの練習は毎日行う事項となる。

In daily practice, perceive as much as possible from the frame of the body, and then proceed to penetrate the intelligence towards the consciousness to reach the latent unknown content - The soul.
I teach what I have digested and I use the rest of my time for sadhana to learn for tracing that which is not yet surfaced. Very often, new thoughts, new ideas and new actions, appear on their own, which strikes me in my sadhana to get myself refined, each day.
So, with fruit involvement I maintain my regular practice that illuminating light of knowledge may dawn on me, as I become fit and ripe.
日々の練習では、身体というフレームからできる限りのことを認識し、その後で知性を意識に向け浸透させ隠れた知覚できないコンテンツー魂ーへ行くようにしなさい。
私は自分が消化したことを指導し、それ以外の時間は未だに潜在下にあるものを学ぶための修行に費やしている。修行の中で新たな考え、新たな発想や新たな行動は頻繁に湧き起こり、毎日自分自信を洗練している。
成果があって、私は定期的に練習を続け、輝き続ける知識の明かりの暁が灯し続けるのではと思う。こうして私はフィットで、みずみずしく居られるのだ。

''You all want to learn Yoga, but you are not willing to accept the challenge that comes.'' B.K.S.Iyengar
(日訳補足:君たちは皆ヨガを学びたいと思っているが、その先にあるチャレンジを喜んで受け入れる心の準備はできていない。)

''According to ancient texts, Yoga is a sacred subject, to be kept secret. Hence it became mystical. I try my best to show that it is practical and I give the secrets to you. The secrets, when experienced, will make you sacred in practice.' B.K.S. Iyengar
(日訳補足:古典によるとヨーガは神聖なテーマで、秘密にしておくものだ。だからそれは神秘的になった。私はそれをできる限り実践的にして、皆さんにその秘密を伝えるよう努めた。その秘密が経験されたなら、あなたは練習を通し神聖になっていく。)

''Your body lives in the past, your mind in the future. They come togehter in the present when you practise Yoga.'' B.K.S.Iyengar
(日訳補足:我々の身体は過去、頭は未来を生きている。ヨガを練習するとき、それらは一緒になって、我々は今、現在に生きているのだ。)

ヨガを続けていると、すべて同じだなぁと思え、自分を反省することも多いです。
何をするにも、成果を出すには自分で練習し、それを根気よく続ける。ヨガだけではなく、語学、料理、芸術文化活動いろんなことに共通します。大切なのは、自分で学ぼうと決めた事柄を継続して、自分への約束を守ること。自分と向き合う、自分をいたわる、自分に勝つ、自分を超え、自分を受け入れる、自己練習には様々な意味があります。そして家族の協力、友人との交流など、人、社会との関わりが不可欠です。

間もなく忙しい日々がまた始まる前、ヨガの智慧で、心と身体の感覚を磨き、これからもより健康でより幸せになる技を身につけたいものです。

特別篇最後のテーマ、「自己練習」ではとても難しくはありませんが、そんな技を特に磨けそうなポーズをご紹介します。
OMシャンティ。

インド・プーネにあるRIMYI (Ramamani Iyengar Memorial Yoga Institute)(注:学院が事前許可した生徒のみ入場可能)

世界中から訪れた修練者は日曜日以外毎日数時間、熱心に自己練習している
  


 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してPARIS&TOI|フランス、パリを中心とした情報サイトパリエトワは一切の責任を負いません