フランス情報、パリを中心とした情報メディア「パリエトワ」 フランスと日本をつなぎます

7月9日 1€=121.56円晴れ31℃ / 28℃

登録のお問合わせ

パリミキ|安心と信頼の日系メガネショップ

Paris Miki

infoインフォメーション

2020.03.19

こんな時だからこそ、メガネのススメ

「メガネのススメ ー PARIS MIKI 」

 

メガネのパリミキオペラ店は3月16日から営業自粛を余儀なくされております。

皆様には大変ご迷惑をおかけしておりまして、心苦しい限りです。

 

御自宅にコンタクトのストックが少なくなりお困りの方もいらっしゃると思いまが、

この機会にメガネ装用の時間を増やしてみませんか?

 

メガネを掛けることでの利点をいくつかご説明したいと思います。

 

 

1、感染症予防

 

コロナウイルス対策に一番大切なのが手洗いですね。

なぜ手洗いが必要かというと、手を介して目や鼻や口などの粘膜に触れて、

ウイルス感染につながってしまうからです。

それでも、どうしてもすぐに手洗いが出来ない時がありますよね。

トイレから出た後で、水道の蛇口をひねる直前に髪の毛を触ったつもりで、目を触れてしまったり。

パソコン作業で疲れて、つい目元を触ってマッサージをしてみたり。。

人間が自分の顔を触ることはどうしても避けられないことだそうです。

ただ、メガネをつける事で無意識に手で目を触れたり、目に髪の毛が入る事を少しでも防ぐことができます。

埃が入ったりすると目を触りたくなりますが、メガネだとそもそも埃次第を防ぐ効果もあります。

 

そこで、大切なことが2つあります。

まずはもちろん「メガネが清潔である」事です。

これはとても簡単。お子様でもいますぐ出来ますので、一緒にやってみて下さい。

お台所の流しで優しく丸洗いするだけです。

お湯は絶対に使わないで下さい。レンズが熱に弱いのです。

メガネの正面を優しく手で包み込むようにして、レンズ、耳にかかるツルの部分などを

流水で流してから、食器洗いの洗剤を1、2滴レンズに垂らして下さい。

スポンジなどは使わずに手でくるくると洗剤をなじませてから、

流水で30秒ぐらいすすぎます。

その後、すぐに新しいティッシュで全体の水分をよく拭き取って下さい。

最低でも一日一回、外出から帰った時などがお勧めです。

 

もう一つ大切なことは、「メガネのかけ具合」です。

掛けていると落ちてくるから、いつもメガネを持ち上げている、なんてことありませんか?

せっかくメガネを掛けていても、そのメガネを頻繁に触っていたら意味がないですね。

かけ具合が悪いメガネは、頭痛や肩こりの原因にもなり、姿勢も悪くしてしまいます。

自分の顔にあったメガネ選び、メガネの調節はとても大切なことです。

せっかく調節していたメガネが緩くなってしまったり、ずれてこないようにするには、

・両手でメガネを外す。

・メガネをかけたまま寝ない。

・持ち歩くときはソフトケースではなく、硬いハードケースを使う。

このようなことが大切です。

 

パリミキではいつでもメガネの調節や修理を行なっております。

他店で御購入の製品でもぜひご相談ください。

少しでも早く営業を再開して、皆様のメガネの調節をさせて頂くことを心待ちにしております。


COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してPARIS&TOI|フランス、パリを中心とした情報サイトパリエトワは一切の責任を負いません