フランス情報、パリを中心とした情報メディア「パリエトワ」 フランスと日本をつなぎます

8月12日 1€=124.65円くもり24℃ / 20℃

登録のお問合わせ

パリミキ|安心と信頼の日系メガネショップ

Paris Miki

infoインフォメーション

2020.03.31

メガネのワードロープ診断 第2弾 32歳男性


フランスでは自宅待機も2週間が過ぎましたね、
あと2週間、頑張ってお家で楽しく過ごしましょう
手洗いと同時に大切な事、それは
「目を触らない!」です。
そして、お家でもメガネを清潔に保ちましょう。

水道水で埃を洗い流し、
中性洗剤を一滴レンズに垂らして、
優しく指でなじませます。
お湯は厳禁、お水ですすいだら
ティッシュで水分をよく拭き取って下さい。



さて、メガネワードロープ診断 第二弾 
32歳男性です。

メガネ(1)  

外出規制が始まり、現在自宅でテレワーク中。
コンタクトの買い置きが少なくなってきたので、
メガネで過ごしている。
下にフレームのないメガネ。
でも、ケースを開けたら糸が外れていて、
なんとかセロテープで止めしのいでいる。
これ修理できるのかな?

 

これは大変!
パリミキにいらして頂いたら10分ほどで
無料で修理をさせて頂くのですが、
現在もパリミキオペラ店は営業自粛中です。
フランス政府の現在の外出規制期限4月15日まで
再開のめどは立っておりません。
お客様をお迎え出来る状態になりましたら、
ホームページやSNSでご案内いたします。
御迷惑をおかけいたしますが、
何卒ご了承くださいますようお願いいたします。
 

糸は外せるようでしたら、
そっと外してからメガネをきれいに洗って、
セロテープも1日一回取り替えて下さい。
お店が再開したらしっかりお直しさせて頂きます。
 






サングラス(2) 

お気に入りのRay Ban aviator
ペットに犬にかじられて、
耳にかける部分がガリガリで痛くてかけれない。
春で日差しが強くなってきたし、
車通勤が再開したら必要なんだけど、
困ったな。

 

これも大変!
でも、安心して下さい。
耳にかける部分は交換できるんですよ。
Ray Banのレンズはガラスなので、
傷は付いていないかもしれないですね。
傷がついていたり、割れているようでしたら、
有料ですがレンズのみの交換もできます。
丸一本購入するより、断然お安いです。
左右のツルの傾きや広がりなども直せますので、
お店が再開したらお持ちください。


 



メガネ(3) 

フチなし眼鏡。
レンズを留めているネジがグラグラで
とてもじゃないけれど、掛けていられない。
今見るとレンズが小さ過ぎだし、ちょっと視野が狭い。
もう捨ててしまおうかな?

 

まだ捨てないでください!
ネジはしっかり止まるようにワッシャー
(クッションになっていたプラスチック)も変え
オーバーホールさせて頂きます。
レンズの形やサイズはフチなしフレームの場合は
変えることが出来ます。
次回レンズをご購入の際に、
このフレームを使ってリメイクしましょう!



 

 

サングラス(4) 

埃をかぶってたずいぶん昔のサングラス 。
レンズの色が薄くて、
バカンス地の眩しい太陽には使えなかった。
でも、ちょうど今だったら
ウイルスを少しでも防御するのにいいかな?
週に一度買い物に外出するのに、
リスクを軽減したい。

 

そうですね、色が薄くても
紫外線はカットしてくれますし、
伊達メガネ的にコンタクトの上から使うのに
ちょうどいいですね。
花粉やウイルスの目への侵入を少しでも
防いでくれますし、
ついつい。目を触ってしまう事を
軽減してくれる効果もあります。

必要な外出に利用する場合は、
何度も言うようですが、
中性洗剤で洗って。流水でよくゆすいで
水分は使い捨てティッシュで拭き取って下さい。

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してPARIS&TOI|フランス、パリを中心とした情報サイトパリエトワは一切の責任を負いません