フランス情報、パリを中心とした情報メディア「パリエトワ」 フランスと日本をつなぎます

9月27日 1€=129.50円雨17℃ / 15℃

登録のお問合わせ

パリミキ|安心と信頼の日系メガネショップ

Paris Miki

infoインフォメーション

2021.08.27

近視抑制レンズってなに? 子供の近視を予防する事って出来るの??? 

最近耳にする事が多くなってきた、
「近視抑制レンズ」をご存知でしょうか?

成長期のお子様の視力は気がかりですよね。
そんな心配を少しでも解消する
お手伝いが出来ればと思います。

視力の低下を遅らせるために、
まず生活様式から見直す事が出来ます。


合言葉は 20-20-20
20分ごとに
20秒間
20フィート(約6メートル)先を見よう!



近くを見続ける事が近視の原因となります。
本を読んだり、携帯、タブレットを見るなど
近くを見る時は
20分ごとに、20秒間、約6メートル先を
見て目を休ませましょう。

机を壁側にせずに、顔を上げて窓の外を見やすい位置に
模様替えするのもいいですね。

1日2時間以上、屋外で太陽光に当たりましょう。

1,000ルクス以上の光を週11時間以上浴びたお子様は、
近視になりにくいと言われています。
屋内は300ルクス、窓際でも800ルクス
屋外では日陰でも数千ルクスですので、
1日2時間は屋外で過ごすことは
健全な目の成長に必要とされています。





そして、成長期の近視を抑制のツールとしては
メガネレンズ、ハードコンタクト、ソフトコンタクト 
などがあります。

1、メガネレンズ 

成長期のお子様の近視進行を遅らせるための  
HOYA社、ESSILOR社 などから発売されています。
眼科の処方箋に基づいて、
パリミキオペラ店でも販売をしております。



2、ハードコンタクトレンズ(オルソケラトロジー)

特別に設計されたハードコンタクトレンズを、
夜間就寝中に装用して角膜の形状を調節し、
日中は裸眼で過ごすという方法です。
取り扱いがお子様には難しく、
直接目に入れるコンタクトなので
細菌感染などへの細心の注意と、
御両親の完全なサポートが必要です。


3、近視抑制一日使い捨てソフトコンタクトレンズ

衛生面でも安心の1日使い捨てコンタクトレンズです。
cooper vision から発売されています。(日本未発売)
装用感も良く、つけ外しさえマスターすれば快適に過ごせます。
とは言っても、
取り扱いの注意点はしっかり守らないといけません。
眼科の処方箋に基づいて、
パリミキオペラ店でも販売をしております。




お子様の年齢や生活スタイルに合わせて、
適切な方法を見つけてあげたいですね。
眼科のご予約や、ご相談、視力チェックなどは
お気軽にご相談ください。

電話 0142617248
miki-opera@orange.fr

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してPARIS&TOI|フランス、パリを中心とした情報サイトパリエトワは一切の責任を負いません