フランス情報、パリを中心とした情報メディア「パリエトワ」 フランスと日本をつなぎます

5月24日 1€=122.57円雨23℃ / 19℃

登録のお問合わせ

TOPICSトピックス

2016.11.03

Trouvilleに牡蠣を食べに行こう!

パリ、サン・ラザール駅から列車で2時間弱・・・
映画「男と女」の舞台にもなった町、「Deauville(ドーヴィル)」の隣に、「Trouville(トゥルーヴィル)」という町があります。
高級リゾート地であるドーヴィルに隣接しているにも関わらず、トゥルーヴィルは庶民的でとても親しみやすい雰囲気の町です。

どちらの町も夏にフランス人、特にパリジャンたちがバカンスを過ごす避暑地ですが、今はもう冬なので、私は牡蠣を食べにきました。

メインストリートであるBoulevard Fernand Moureaux(フェルナン・モロー通り)に、魚屋さんが5軒ほど立ち並んでおり、店先に並んでいる海の幸をその場で選んで食べれるレストランがあります。
今回は、その中のひとつのChez Alainをチョイス。
 


牡蠣も何種類かあり、味が違ったりするので、お店の人に相談しながら、選びます。


牡蠣18個、オマール海老1匹、海老500グラム、カニのサラダ(タッパーに入ったやつ)、そしてボトルワインを頼んで全部100ユーロほど!


しかし、この店、来店する際にひとつ気をつけなければいけないことがあります。
それは、パン(バゲットなど)を持参しなければいけないのです!
バゲットなんか食べないという人もいるでしょうが、カニのサラダなど合わせて食べたほうがおいしいものもあるので、ぜひ持参することをおすすめします。

CONTRIBUTORこの記事の投稿者

エトワライター:Mao Tokionese

エトワライター:Mao Tokionese

ジュテームはさよならのはじまり。
ロンドンとパリを留学した学生ライター。

他の記事を見る

COMMENTコメント

あなたのコメントをお寄せください。投稿はリアルタイムで掲載されません。反映されるまで少し時間がかかります。
※投稿するにはブラウザの設定からCookieを有効にしてください。

必須タイトル
必須メッセージ
必須ハンドルネーム