フランス情報、パリを中心とした情報メディア「パリエトワ」 フランスと日本をつなぎます

9月21日 1€=118.69円晴れ24℃ / 20℃

登録のお問合わせ

TOPICSトピックス

2017.01.19

サン・バルテルミー島 (Saint-Barthélemy)

フランスにはコルシカ島以外にもフランス領の島々があるのをご存知でしょうか。
コルシカ島でしたら、日本語ガイドブックやネットで口コミなどで十分に情報を見つけることができますが、カリブ海のフランス領の島々については、あまり多くはありません。
フランス西インド諸島に興味のある方の少しでもお役に立てればと思い、レポートさせていただきます。
グアドループの次はサン・バルテルミー島
 
パリから直行便も出ているらしいのですが、航空券がものすごく高くなるので、今回、私はグアデループ経由で行きました。グアデループ島から小さな飛行機に乗って、約1時間半です。(エアラインはAir Antillesを利用しました。)

こんな小さな飛行機に乗っていきます。




サン・バルテルミー島を一言で表すと「地上の天国」です!それくらい綺麗な島でした。
しかし、サン・バルテルミー島は世界で最もラグジュアリーな島の1つとして知られる、世界のお金持ちがバカンスで訪れる島・・・。それ故、何もかもが高い!
 
しかし、わざわざ時間もお金もかけてはるばる訪れたのだから、島で一番有名なホテル「THE EDEN ROCK」に泊まることに。
値段は時期によって異なるので、ホテルのHPか、お電話でご確認ください。
 

 
そしてホテルのプライベートビーチ。部屋にもよりますが、ほとんど部屋をでたらすぐそこ!という感じです。
太陽の光・・・白い砂浜・・・透き通る海水・・・本当に天国のよう。

 
ホテルでスノーケリングを借りて、海を潜ると小さいけれど、立派な珊瑚礁があり、トロピカルで可愛い魚達がいっぱい泳いでいます。それに、ウミガメまで。これは、本当に海が綺麗な証拠です。

 
海は綺麗ですが、この島、観光スポットはそれほどありません。ですから、ビーチを所有しているホテルに滞在してゆっくりバカンスを過ごすのをお勧めします。
しかし、1つ素敵なスポットをご紹介します。またビーチになってしまうのですが、Clombierというこのビーチ、小さな船か歩いてでしか行けない秘境になっています。
 
ちなみに、サン・バルテルミー島での移動手段はタクシーでした。メーターはなく、どこへ行っても一律20ユーロです。車をレンタルしたい方はホテルでレンタルできます。私は国際免許証を持っていないので、タクシーしか使えませんでしたが、レンタカーは高級車でも、最低25ユーロからありました。
 
早速、タクシーでビーチまでの道のりへ送ってもらい、このような険しい道を歩いて15分。

 
なんとも美しい海岸が・・・。

人もほとんどいない美しい砂浜。海が大好きな人にとっては最高のビーチです。
ホテルのビーチもそうですが、この島は島自体が小さいため、大きな旅客船がつけないようなのです。ですから、こんなにきれいなんでしょうね。
 
ビーチ以外にもサン・バルテルミー島での楽しみもあります。それはやっぱりショッピング。
小さな島なのでそこまでたくさんのお店はありませんが、 Gustavia (グスタビア)という町に行くと、とってもオシャレなサマーアイテムを揃えたお店があります。
お店を一つ紹介します。
 
Poupette St Barth
 
サン・バルテルミー島発の女性向けブランド。このブランドを扱うセレクトショップはたくさんありますが、正規店舗は、世界にごくわずか。この島に訪れたら是非、チェックすべきお店です。
Poupette St-Barth
Rue de la Republique, Gustavia, Saint-Barthélemy

ショッピング以外にも大切なのが、お食事。やっぱり何もかも高いし、どの店も最高に美味しい!というわけではありません。ホテルの食事に飽きたら、やっぱりグスタビアに行ってレストランに入ることをお勧めします。だいたいのお店は食事のみで予算一人35ユーロです。

レストランアドレス一覧
全てのレストランは行く前に電話してから行ったほうがいいです。
 
Eddy's Ghetto (タイ料理)
RUE SAMUEL FAHLBERG, Gustavia 97133,Saint-Barthélemy
Tel: +590 590 27-5417
 
L'Isola (イタリアン)
33 Rue Roi Oscar II, Gustavia 97133, Saint-Barthélemy
Tel: +590 590 27-5417
 
Nikki Beach St Barth (パスタ・ハンバーガーなど)
PLage de St. Jean, FW1 97133, Saint-Barthélemy
Tel:
+590 590 27-6464

CONTRIBUTORこの記事の投稿者

エトワライター:Mao Tokionese

エトワライター:Mao Tokionese

ジュテームはさよならのはじまり。
ロンドンとパリを留学した学生ライター。

他の記事を見る

COMMENTコメント

あなたのコメントをお寄せください。投稿はリアルタイムで掲載されません。反映されるまで少し時間がかかります。
※投稿するにはブラウザの設定からCookieを有効にしてください。

必須タイトル
必須メッセージ
必須ハンドルネーム