フランス情報、パリを中心とした情報メディア「パリエトワ」 フランスと日本をつなぎます

12月15日 1€=128.33円晴れ2℃ / -2℃

登録のお問合わせ

TOPICSトピックス

2017.01.24

玉ねぎのキャラメリゼ添えローストビーフ


フランスの牛肉って、肉自体に旨味があって味は良いけれど、脂肪が少なくとにかく固い!!
加熱加減を間違えた日には、とにかく最悪で、固くて食べられたものではありません。
お肉を柔らかく仕上げるにはどうしたものかと、いろいろ試してみた結果、塩麹をヒントにヨーグルト床でお肉を柔らかくする事に大成功!乳酸発酵により、お肉が柔らかく、旨味もUP!

お肉の旨味を守るため、調理時にあえて塩は一切入れず、食べる時にテーブルで個別に塩を好みでふって食べてください。
お肉やわらかジューシーで、止まらなくなるわが家自慢のローストビーフです。
Rôti de bœuf à l’oignon caramélisé
調理時間 : 約20分(+待ち時間約20分) 材料 : 4人前

● 牛かたまり肉 600g (直径約10cm)
● ヨーグルト 125g
● 玉ねぎ 中2個
● にんにく 一片
● 砂糖 小さじ2
● バター 20g
● 牛乳 大さじ3
● オリーブオイル 大さじ1
● エルブドプロヴァンス 適量
● コショウ 適量

下準備

調理する2時間前に、牛肉を冷蔵庫からだして、ヨーグルトとともにジップ付きの袋に入れ、密閉した状態でよくもみこみ、室温においておく。(夏場は室温25度以下を目安に。)
加熱する前に、ヨーグルト床はキッチンペーパーでよく拭きとります。

オーブンを250度に予熱しておく。

1. にんにくを薄切りにする。
よくとがった包丁の先端を牛肉に差し込み細長い穴を開け、にんにくの薄切りを差し込む。牛肉の表面にバター約5gをハケで塗っておく。






2. 玉ねぎをみじん切りにする。フライパンに残りのバターとオリーブオイルを入れ強火にかけ、みじん切りした玉ねぎを炒め、砂糖をからめ、玉ねぎに火が通ったら、ハーブを加える。 同じフライパンに牛肉を投入、全表面を玉ねぎと共にさっと焼く。耐熱皿に牛肉をとり、キャラメリゼした玉ねぎで牛肉を覆いかぶす。




 3. オーブン温度を220度に下げ、10分焼き、一度オーブンから取り出す。スプーンで牛乳をまわしかけ、皿にこびりついた玉ねぎとソースをこそぎとり、また牛肉の上に覆いかぶせる。コショウを適量ふる。更にオーブンで10分焼く。






 4. オーブンから取り出し、アルミホイルをかぶせ、約20分お肉を休ませたら、お待たせしました。どうぞ、召し上がれ!
焼き時間は肉の厚みにもよりますが、セニョン(焼き加減:レア)派のわが家では焼き時間20分+保温20分がベストです!

 

CONTRIBUTORこの記事の投稿者

La bonne poire ラ・フランスの台所

La bonne poire ラ・フランスの台所

Recettes japonaise en français & フランス生まれのレシピ集
美味しいものを食べること、料理することをこよなく愛す、フランスに住む日本人女子によるレシピサイト。フランス生まれのレシピを日本語で、和のレシピをフランス語で綴っています。
-エトワページはこちら
-公式サイト

他の記事を見る

COMMENTコメント

あなたのコメントをお寄せください。投稿はリアルタイムで掲載されません。反映されるまで少し時間がかかります。
※投稿するにはブラウザの設定からCookieを有効にしてください。

必須タイトル
必須メッセージ
必須ハンドルネーム