フランス情報、パリを中心とした情報メディア「パリエトワ」 フランスと日本をつなぎます

9月26日 1€=132.88円晴れ20℃ / 7℃

登録のお問合わせ

TOPICSトピックス

2017.01.13

フランスの医療制度概要

フランスは、原則として日本と同様に国民皆保険制度を採っています。
社会保障制度はSécurité sociale ( セキュリテ・ソシアル) と呼ばれ、大きく分けて、疾病保険(病気、出産、障害、死亡など)、家族扶助(家族手当、各種生活扶助など)、年金(老齢、遺族など)、労災保険の4 つの部門があります。
病気、出産、怪我など医療のお世話になるときは、この制度のうちの疾病保険-Assurance Maladie-(アシュランス・マラディ) を利用することで、加入者は治療代や薬代の払い戻しや、予防のための各種プログラムを受けることができます。

通常、フランスで正規に働く給与所得者(salarié)であれば、セキュリテ・ソシアルに自動的に加入され、保険料は給料から毎月天引きされます(ワーキングホリデービザで就業した場合も同様)。また、自由業者や事業主、職人やアーティストなども、それぞれ職種によって決められた保険機構に加入が義務付けられ、月々の保険料(cotisation)を納めます。3ヶ月以上滞在する学生についても、学生用の健康保険(mutuelle étudiante)への加入が義務付けられています 。

出典:在仏日本人会「フランス生活便利メモ」
更新日)2013年8月

CONTRIBUTORこの記事の投稿者

エトワ編集部

エトワ編集部

Paris et toi(パリエトワ)編集部です。皆さまのお役に立つ記事を執筆します。

他の記事を見る

EXPERTS私達にご相談ください

COMMENTコメント

あなたのコメントをお寄せください。投稿はリアルタイムで掲載されません。反映されるまで少し時間がかかります。
※投稿するにはブラウザの設定からCookieを有効にしてください。

必須タイトル
必須メッセージ
必須ハンドルネーム