フランス情報、パリを中心とした情報メディア「パリエトワ」 フランスと日本をつなぎます

9月21日 1€=118.69円晴れ24℃ / 20℃

登録のお問合わせ

TOPICSトピックス

2019.04.17

電気の契約をする

フランスで新居に到着したら、まず電気がつくかどうか確認しましょう。電気がついたら、電気メーターの数字をメモして、電気の契約を始めます。電気の契約は、電力会社のホームページや電話、電力会社のオフィスなどで出来ます。
言葉に自信がなければ、インターネットからの申し込みが簡単かもしません。

電気の契約に必要な情報

フランスでの電気の契約には、以下のような情報が必要になります。
電力会社に直接行く場合は書類を揃え、電話やインターネットで申し込む場合は手元に用意しておきましょう。
  • 住所
  • 電話番号
  • Eメールアドレス
  • PDL(point de livraison)番号
    :電気メーターに記載されている番号。わからなければ大家さんに聞く事。
  • RIB(Le Relevé d’Identité Bancaire)
    :銀行口座の詳細情報(含IBANコード)
  • 入居時の電気メーターの数値。
 

電気契約時の電気料金プランの選び方

電気の申込みの時には、電気料金プランの種類を選ぶ事も出来ます。
ちなみに、フランスの電気料金は、日本ほど複雑ではありません。
まず最初に選ぶのは基本料金で、電気の使用量に応じて、3kVA-36kVAの中から必要な容量を選びます。(フランス語ではPuissance。)
選ぶ容量によって料金は異なり、容量が大きければ大きいほど値段も高くなります。これは日本と一緒です。

電力量料金は、「1kWhあたりいくら」で設定されており、日本のように電気の使用量に応じて3段階にkWhの料金単価が変わるようなしくみではありません。どれだけ電気を使っても「1kWhあたりいくら」の料金単価は一定で変わりません。ただし、電力会社によってはピークタイムの値段とオフピークタイムの値段が違うプランもあります。
たいていの場合、電気のたくさん使用される昼間の時間帯は1kWhあたりの料金が高めに、逆に電気の使用の少ない深夜の時間帯は値段が安く設定されています。
 

さらにはインデックス料金とフィックスド料金なるものもあります。
インデックス料金は、規制の電気料金(1kWhあたりの料金単価)より必ず○%お安くしますというプランです。
フィクスド料金は、1年間料金単価が変わらないというプランです。規制料金が高くなればフィクッスド料金の方がおトクになります。
一方で、フランス最大手のEDFは規制料金で電気料金を提供していますので、EDFよりとにかく安い電気料金なら満足!という方はインデックス料金を選んだ方が良いでしょう。

  • 契約容量(Puissance)を選ぶ。
    :フランス では、3-36kVA(キロボルトアンペア)から選ぶ。
  • ベースプラン(24時間同じ電力量料金)かオフピークプラン(深夜の時間帯は安くなる)を選ぶ。
  • インデックス料金がフィクスド料金を選ぶ。
    :インデックス料金は一律規制料金より値引き。フィクスド料金は1年間値段が変わらない。

 色々ある電気料金プランですが、電気の契約時に特に何も言わなければ、時間帯によって電気の料金単価の変わらない一番ベーシックなプランの契約になります。
 

新居で電気がつかなかった場合

電気が止められてしまっている状態なので、すぐに配電を管理しているENEDIS社に連絡をしましょう。
フランスでは、一度電気が止まってしまうと電気の開通には技術者を呼ぶ必要があります。連絡をしてから技術者に来てもらうまでにだいたい5日はみておく必要があります。
時間がかかるのがフランスらしいですね。

ENEDIS(旧ERDF)の電話番号:https://selectra.jp/fr/enedis-tel-number

出典:セレクトラ https://en.selectra.info

CONTRIBUTORこの記事の投稿者

エトワ編集部

エトワ編集部

Paris et toi(パリエトワ)編集部です。皆さまのお役に立つ記事を執筆します。

他の記事を見る