フランス情報、パリを中心とした情報メディア「パリエトワ」 フランスと日本をつなぎます

12月8日 1€=120.29円くもり12℃ / 10℃

登録のお問合わせ

TOPICSトピックス

2019.11.21

ボジョレー・ヌーボー解禁日


ボジョレー・ヌーボーの解禁日は毎年11月の第3木曜日と定められており
2019年は11月21日となります。


毎年フランスだけでなく日本でも大きく話題になるボジョレー・ヌーボー。特に日本は最大の輸入国で昨年は582万本輸入されました。
 

ボジョレー・ヌーボーとは

フランス南部ブルゴーニュ地方のボジョレー地区にて、その年の9月ごろに収穫されたブドウから造られる新酒のことで、採れたてのブドウから短期間で仕上げることから渋味の少ないフレッシュさが特徴です。冷蔵庫で1時間程度冷やした10℃~15℃くらいが美味しいといわれています。
使われるブドウの品種は『ガメイ種のブドウ100%』と法律で義務付けられており、ガメイ種は赤ワインを作るための品種のためボジョレー・ヌーボーに白ワインはありません。

また特殊な製法を用いてわずか2カ月で造られるため、一般的なワインとは違い長期保存に向いておらず、数週間長くても半年以内に飲むのがすすめられています。

もともとは地元の人々が収穫を祝い造ったのが始まりとされています。それが人気となったことで多くのワイナリーが我先にと早期出荷をしはじめ、品質の低い不十分な出来なものまで出回ってしまったため、そのようなことを防ぐために解禁日が定められるようになりました。

2019年パリエトワ ボジョレーソワレ




2017年・2018年に続き今年も「パリエトワ ボジョレーソワレ」 を開催しました。
イベントサプライヤーのJAMさんにご協力いただき更にパワーアップ。
9区のワインバーを会場にボジョレーヌーボーを
みんなで大いに堪能しました。
楽しいゲームあり音楽の生演奏ありと大盛り上がりの夜となりました。

今後も楽しいイベントを企画していきますので、パリエトワをどうぞ宜しくお願いします。

CONTRIBUTORこの記事の投稿者

エトワ編集部

エトワ編集部

Paris et toi(パリエトワ)編集部です。皆さまのお役に立つ記事を執筆します。

他の記事を見る

COMMENTコメント

あなたのコメントをお寄せください。投稿はリアルタイムで掲載されません。反映されるまで少し時間がかかります。
※投稿するにはブラウザの設定からCookieを有効にしてください。

必須タイトル
必須メッセージ
必須ハンドルネーム