フランス情報、パリを中心とした情報メディア「パリエトワ」 フランスと日本をつなぎます

10月29日 1€=122.71円晴れ11℃ / 10℃

登録のお問合わせ

TOPICSトピックス

2020.07.13

日本航空JL046便パリ羽田線再開

7月週2便、8月・9月は週3便運航!
2020年7月1日パリの空ふたたび。



離陸前のJL046便に手を振るJALスタッフたち(2020年7月1日CDG空港にて)

新型コロナウィルスの影響により2020年3月末で日本航空パリ羽田線は運休、その後5月より貨物専用便が週3便運航していましたが、7月1日より週2便の旅客便も再開、8月、9月は週3便の運航が発表されました。
今回はパリ・シャルル・ド・ゴール空港(以下、CDG空港)でご活躍中の日本航空 白川綾さんにパリ羽田線運航再開までのお話をうかがいました。
 
日本航空パリ空港所 空港オペレーションセクション
アシスタントマネージャー 白川綾さん

──まずは自己紹介をお願いします。

白川さん:2002年に入社し、成田空港で10年近く手荷物関連の業務に携わり、その後チェックインカウンターや搭乗口、受託外国社の業務を経験しました。昨年2019年10月末から現職に着任し旅客便業務で主にチェックインカウンターや搭乗口で仕事をしています。

──先日7月1日パリ羽田線(旅客便)が約3か月ぶりに再開されましたね。
当日CDG空港で立ち会われたそうですがいかがでしたか?


白川さん:何よりもご利用いただいたお客さまと運航再開に関わった全ての方に感謝の気持ちで一杯です。チェックインカウンターとゲートは普段とは異なる使い慣れない場所が空港会社から指定されていた為、作業上の不便はありましたがスタッフ全員の努力で乗り切ることができました。

チェックインカウンターではお客さまから「運航再開おめでとうございます」という大変嬉しいお言葉を頂戴しました。ご帰国予定を変更して当社便を予約されたとうかがった時は、お客さまも運航再開を待ってくださっていたこと、当社を選んでいただけることの有り難みを実感しました。今後も状況の変化に柔軟に対応しながら感謝の気持ちを持ってお客さまをお迎えしたいと思います。

──コロナ環境下でお客さまをお迎えする上で苦労された点などございましたか?

白川さん:日本とフランスの入国条件や必要な書類がそれぞれありますので各地で適切に対応できるよう社内調整を実施し、また久々の運航でもありますので従来からの変更点をスタッフ皆で確認し合いました。CDG空港では空港会社が基本的な衛生面の設備は設置していますが、JALとしてお客さまにより安心を提供できるようチェックインカウンターと搭乗口にて追加でハンドジェルの手配やソーシャルディスタンス確保のための呼びかけ等を実施いたします。
またパリ発の機内食メニューは、コロナ環境下でCDG空港の機内食調製会社の営業が大きく制限されておりますが、「今できる」お客さまへの最高のサービスを提供するために弊社機内食担当者と機内食調製会社との間で運航前日まで調整を重ねた結果、和食、洋食ともにご満足いただけるメニューを提供することができるようになりました。ぜひお楽しみいただければと思います。


運航前日まで続いた機内食メニュー会議(機内食調整会社SERVAIRにて)

──最後に今後ご搭乗されるお客様に向け一言お願いします。

白川さん:安全・衛生面からあらゆる制限があり今まで同様のサービスがご提供できない場合もございますがその分安心してご利用いただける環境作りにより一層努めてまいります。
沢山のお客さまにお会いできることを楽しみにしています。

──どうもありがとうございました!



同じくパリ空港所勤務のお二人からもコメントを頂戴しました。

 
Raphaël BAUMANさん
日本航空 空港オペレーションセクション
チーフスーパーバイザー
──7月1日、パリ羽田線が運航を再開しましたね。当日空港でお仕事されていかがでしたか?

Raphaëlさん:旅客便再開のオペレーションに関われとても嬉しかったです。我々を取り巻く環境は厳しいですがお客さま、同僚たちとのつながりのおかげでフランスと日本の関係は決して途切れることがなかったと改めて思いました。心から感謝の念に堪えません。

Anaïs DUMONTさん
日本航空 空港オペレーションセクション エージェント
Anaïs さん:当日お客さまや同僚たちに再会できると思い出社するのが楽しみでした。安全・衛生のために調整しなければならないことが多くありその準備に多少のストレスを感じていましたが、お客さまが快適にご出発されることが一番大切なことだと思い、スタッフ皆でポジティブな気持ちで力を合わせました。 また弊社では4月から新制服に一新しましたが、パリで働く私たちはこの日に初めて袖を通し、旅客便再開であるこの初便でお客さまへお披露目できたことを嬉しく思います。


JALの新制服は従来からの機能性を重視し、女性客室乗務員にもパンツスタイルを導入、
また地上接客スタッフ用には鶴をイメージした曲線的フォルムを採用したりなど、
「伝統・革新・おもてなし」の要素が込められています。

 

JL046便ご搭乗のお子さまたちにJALスタッフお手製のマスクが贈呈されました。


本年5月、羽田・成田空港の日本航空スタッフが機内でお子さまたちに搭乗記念品として配られるミニタオルを使ってマスクを作り、保育園などにプレゼントする取り組みを実施しましたがそのスタッフ一人ひとりの心のこもった手作りマスクがJL046運航再開を記念し7月1日ご搭乗のお子さまたちにもプレゼントされました。


 

安全・安心なサービス提供に向けた主な取り組み例のご紹介


新型コロナウイルス感染症の拡大防止と、すべてのお客さまが安心して航空機をご利用いただけるよう、JALグループでは、お客さまならびに社員の安全・安心を第一に考え、衛生対策をはじめとした取り組みが実施されております。

<CDG空港>



•  地上係員のマスク着用
•  カウンター消毒液、パーティション設置
•  ソーシャルディスタンス
 

<機内>


•  客室乗務員のマスク、手袋着用
•  機内食は基本的に蓋がされた状態で提供
•  除菌シート提供
•  トイレの定期的清掃・除菌、消毒液の設置、抗菌・消臭加工を実施 など
 

パリ羽田線直行便が復活


運航スケジュールは次の通りです。

~2020年7月31日まで 週2便運航
毎週水・日曜日運航 JL046便 パリ発 19時00分 →羽田着  13時55分   (翌日着)
毎週火・土曜日運航 JL045便 羽田発 10時40分 →パリ着 16時15分 (同日着)

2020年8月1日~9月30日 週3便運航
毎週水・金・日曜日運航 JL046便 パリ発 19時00分 →羽田着  13時55分   (翌日着)
毎週火・木・土曜日運航 JL045便 羽田発 10時40分 →パリ着 16時15分 (同日着)

ご予約はこちらから
https://www.jal.co.jp/frl/ja/

*新型コロナウィルスに関する対応(航空券変更・払い戻し・ご搭乗時注意事項等)
https://www.jal.co.jp/ar/ja/info/travelalerts/covid19center/
 

※プロフィール写真はより良くご紹介させていただくためにマスク無しで撮影しておりますが
撮影時にはソーシャルディスタンスを保ちながら、また空港業務の際はスタッフ全員が
必ずマスクを着用し​て対応させていただいておりますのでご安心ください。

CONTRIBUTORこの記事の投稿者

日本航空(JAPAN AIRLINES)

日本航空(JAPAN AIRLINES)

1951年設立。 TripAdvisor®トラベラーズチョイスTM 「世界の人気エアライン2018」 2年連続、日本第1位に選ばれました。
- 企業情報はこちら
- 公式

他の記事を見る