フランス情報、パリを中心とした情報メディア「パリエトワ」 フランスと日本をつなぎます

7月20日 1€=120.89円晴れ26℃ / 23℃

登録のお問合わせ

TOPICSトピックス

2016.09.15

仏国内で「仏式」婚姻時の日本向け手続き

日本人がフランス式に結婚した場合、婚姻の日から3ヶ月以内に在フランス領事部窓口に以下の書類を提出します。3 ヵ月を超えて届け出る場合は、遅延理由書も併せて提出しなくてはなりません。届け出用紙は在フランス日本国大使館で入手できますが、申請者の実費負担で郵送による取寄せも可能です。手続に関しては、在仏日本国大使館のホームページに掲載されている最新情報をご確認下さい。
 

A)日本人同士の場合:

以下の書類を準備し、日本国大使館へ提出します。新しい本籍地を夫又は妻の本籍地と別の市区町村に定める場合は、1 ~ 4 は各1 通ずつ多く必要です。

  1. 婚姻届(在フランス日本国大使館の窓口に用紙があります)  3 通
  2. 婚姻証明書(Copie integrale d’acte de mariage)  3 通
  3. 同和訳文(大使館所定の書式に記入)  3 通
  4. 夫と妻の戸籍謄本  各2 通
  5. 夫・妻のフランス滞在許可証

B)日本人と外国人配偶者の場合:

フランス方式で配偶者の一方が外国人の婚姻の場合は、婚姻の日から3ヶ月以内に以下の7点を在フランス日本大使館に提出します。新しい本籍地を別の市区町村に定める時は、提出書類はすべて3 通必要となります。4 の外国人配偶者の国籍を証明する書類は、婚姻日及び婚姻届出時に有効な原本を提示して下さい。

  1. 婚姻届(在フランス日本国大使館窓口に用紙があります)
  2. 婚姻証明書(Copie integrale d’acte de mariage) 2 通
  3. 同和訳文(大使館所定の書式に記入) 2 通
  4. 外国人配偶者の国籍を証明する書類(有効な旅券、フランス人の場合は身分証明書でも可)
  5. 同和訳文(大使館所定の書式に記入) 2 通
  6. 戸籍謄本 2 通
  7. 届出人のフランス滞在許可証写(または日本国旅券) 1 通

出典:在仏日本人会

CONTRIBUTORこの記事の投稿者

エトワ編集部

エトワ編集部

Paris et toi(パリエトワ)編集部です。皆さまのお役に立つ記事を執筆します。

他の記事を見る

COMMENTコメント

あなたのコメントをお寄せください。投稿はリアルタイムで掲載されません。反映されるまで少し時間がかかります。
※投稿するにはブラウザの設定からCookieを有効にしてください。

必須タイトル
必須メッセージ
必須ハンドルネーム