フランス情報、パリを中心とした情報メディア「パリエトワ」 フランスと日本をつなぎます

10月23日 1€=128.86円晴れ17℃ / 5℃

登録のお問合わせ

TOPICSトピックス

2016.09.16

手紙・小包を送る


 

郵便局 La Poste (ラ・ポスト)


郵便局はフランス語でBureau de poste といい、青い手紙マークの黄色い看板が目印。郵便局の場所は郵便局のホームページ、電話帳か市販の地図帳で確認することができます。
郵便局の営業時間は、パリ市内の場合、基本的に月~金 08:00 ~ 20:00、土 10:00 ~ 13:00、日・祝日休みとなります。パリ市内でも局によっては多少前後し、土曜午後も営業している局もあります。
また、パリ以外の地方では、営業時間はより短く、平日は昼休みがあるところもあります。中央郵便局に当たるパリ・ルーヴル局は営業日が異なり週末営業があります。営業時間も他の局よりも長くなります(ただし、夜間は郵便業務のみ)。 詳しくは郵便局のホームページを参照下さい。

郵便局HP www.laposte.fr
パリ・ルーヴル局 La Poste Paris Louvre
52 rue du Louvre 75001 Paris
TEL: 01 40 28 76 00


局内には、プリペイド定型小包箱と封筒、切手セット、切手付き封筒セットが陳列販売されていますので、自分で用途に合った商品を選び、郵便サービス窓口(Régler vos achats)で清算します。切手はタバコ店(Tabac)やタバコ売り場が併設されているカフェでも購入できます。
日本宛の郵便物にはフランス語で日本行き航空便(JAPON, Par Avion)と記入し、郵便ポストの外国郵便用(Etranger)の投函口に投函します。
普通郵便では追跡ができないため、到着確認が必要な場合は、窓口にて別料金で追跡番号(Numéro de suivi/ニュメロドゥスイヴィ)を付けてもらいます。この他に海外用の書留(Lettre recommandée internationale)もあります。

フランスでの公共料金や住居、保険などの解約手続きの手紙を送る際には、必ず受取証明付書留郵便(Lettre recommandée avec avis de réception/レートルルコモンデアヴェックアヴィドィレセプション) を利用します。これは正式な手続時の事実証明として認めらます。必要な時は専用の送り状がありますので、窓口で受取り、必要事項を書き込みます。
郵便局から小包を送るには、 Colissimo(コリッシモ)というプリペイド式小包サービスを利用できます。何種類かのサイズの箱と封筒が用意されており、それぞれフランス国内用と国外用とに分かれているので必要に応じて適した商品を選びます。宛先にもよりますが、例えば7、5、3キロ箱、1キロ用封筒、ワイン専用箱とCD とDVD 用封筒があります。

コリッシモは普通小包より割高ですが、配達状況の追跡ができるうえ、先方に届かなかった場合の処理方法が選択でき、保険も含まれます。
コリッシモの箱は郵便局の陳列棚から目的に合ったものを自分で選び、購入します。
海外向け料金は何種類かあるので、日本行きはインターナショナルゾーン2を選びます。料金は半年ごとに見直され、箱と封筒のサイズや呼び名、重量上限も変わることがありますので、窓口で確認しましょう。追跡なしの普通小包を利用する時は自分で箱を用意し、梱包して窓口に持ち込みます。

出典:在仏日本人会「フランス生活便利メモ」より
 

郵便料金の計算


郵便料金は下記のページで計算することができます。
https://www.laposte.fr/particulier/outils/calculateur-de-tarif

フランス国内は「Vers la France métropolitaine, Andorre, Monaco」
日本へは「Vers l’international」を選び、JAPONを選択。
その後は、送る種類を選び、「Poids en grammes」へグラム数を入力し検索します。



 

CONTRIBUTORこの記事の投稿者

エトワ編集部

エトワ編集部

Paris et toi(パリエトワ)編集部です。皆さまのお役に立つ記事を執筆します。

他の記事を見る

COMMENTコメント

あなたのコメントをお寄せください。投稿はリアルタイムで掲載されません。反映されるまで少し時間がかかります。
※投稿するにはブラウザの設定からCookieを有効にしてください。

必須タイトル
必須メッセージ
必須ハンドルネーム